国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 治験コーディネーターをする薬剤師 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師国家試験 >  治験コーディネーターをする薬剤師

治験コーディネーターをする薬剤師

治験というのは聞いたことがありますか?新しい薬を厚生労働省から認可承認をしてもらうのには、その薬の治療に役に立つ効果・効用を実証するとともに、副作用がどんなものがどれだけあるかを調べて、有用性と安全性を確認する必要があります。それを調べるのが治験です。

治験も医師にとって大事な仕事ですが、忙しい医師を煩わせるのは最小限にしなければなりませんから、治験コーディネーターが必要になります。治験コーディネーターを薬剤師がすることも多いのです。

治験は、実際にその病気の患者に薬を投与して調べますから、以前は口頭で説明して同意を得ればよかったのですが、最近は患者に対して文書で説明をして、同意を得なければなりません。

実際には、単にその薬を詳しく説明をするだけではなく、実施計画やスケジュールを話し、そして当然既に使っている薬を確認することをします。そして実施されたら、患者自身はもちろんのこと家族からも問い合わせや相談があるでしょうから対応をしなければなりません。また実験には報告書が必要になりますから、基本的には医師がすることですが、記録を整理したり、カルテとの整合性を調べたりして医師の助けをします。

これらの患者と医師の間に入って治験をスムーズに行えるように助けるのが治験コーディネーターです。薬剤師だけではなく、臨床検査技師や看護師などがすることも、あるいはその人たちとチームを組んですることもあります。新薬を、安全に効率的に導入するための薬剤師が貢献できる仕事です。

 <  前の記事 注射薬調剤とは病院薬剤師が大事な仕事です  |  トップページ





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX