国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 注射薬調剤とは病院薬剤師が大事な仕事です - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  注射薬調剤とは病院薬剤師が大事な仕事です

注射薬調剤とは病院薬剤師が大事な仕事です

病院薬剤師の仕事はいろいろありますが、注射薬調剤というのは扱う注射が他の薬と違って直接体内に注入されるので、効果が高い半面危険も多いですから、より慎重な態度が要求されます。実際に注射をするのは看護師でしょうが、注射薬を揃えるのは薬剤師の仕事です。

注射薬調剤では、他の薬と同様に有害な事象を避けるために事前に処方内容をチェックします。患者さんのアレルギーがあるならば、あるいは他の薬との相互作用に問題があるならば、それに応じて処方内容を変更したりします。

また注射ですから、注射薬の内容を配合をどうするか、その変化がどうあったかもチェックして、場合によっては投与経路の変更も考えます。特に、ブドウ糖を始めとして、ミネラルやビタミンなど、生命保持に必要な注射薬に場合は、投与量や配合のバランスを慎重に検討します。

注射薬を取り揃えるのに、注射薬を混合する仕事をしますが、これも以前は看護師が行なっていましたが、現在は薬剤師の仕事です。混合をするのには、ばい菌が入らないように無菌的な場所で、清潔なキャップ、マスク、手袋を着け、さらに無塵着を着用して作業をします。

薬剤師の仕事が、病院でも治療に深く関わっていることを感じさせますね。

 <  前の記事 衛生行政機関又は保健衛生施設での薬剤師とは?  |  トップページ  |  次の記事 治験コーディネーターをする薬剤師  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX