国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> MR(医療情報担当者)って仕事はどんなことをするの? - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  MR(医療情報担当者)って仕事はどんなことをするの?

MR(医療情報担当者)って仕事はどんなことをするの?

薬剤師といえば、病院や調剤薬局が多いですが、給料が多いことで評判のMR(医療情報担当者)も考える人もいると思います。ではMRってどんな仕事をするのでしょうか。

MRとは、製薬会社のセールスといえばなんとなくイメージがつかめますか。製薬会社が作ったお薬を、お医者さんが使ってくれなければならないですから、そのお医者さんに自分の会社の薬の効き目をお知らせするのがMRです。お知らせするのは、効き目だけでなく、副作用なども合わせてお知らせすることになります。

同時に、実際に使ってもらったらその薬を使ってどうかという情報(有効性や副作用)を集めるのもMRの仕事です。MRは、最初は先輩に同行して仕事を習うようになると思いますが、ある程度教わると自分の担当する病院やクリニックをもらって、自分だけでお医者さんとの良い関係を持って、薬を使っていただくように努力します。

ですから、一人前のMRは何時にどの病院に行って仕事をするというのは任されていますから、たいていは出社をする必要がなくて、直接家から病院に行って、帰りも直帰することが可能です。

また他の社員と協力してする仕事としては、医師が出席する講演会を開催することがあります。多くの医師に参加してもらうように勧誘をして、案内をすることをします。

また病院や医院などに新しい薬などを紹介する説明会を開くこともあります。診療所の場合は医師一人だけが参加の場合もありますし、大病院なら医師は複数参加されるでしょうし、他に薬剤師やスタッフも合わせて20人くらいになることもあります。

あとはMRは営業ですから、高級なお店で接待をしたり、ゴルフを付き合うこともあります。

どうですか?薬剤師の仕事とはかなり異なっていると思います。

 <  前の記事 薬剤師の就職が活気づいている  |  トップページ  |  次の記事 薬剤師が扱う薬とは?  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX