国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 東京大学 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  東京大学

東京大学


東京大学の起源は、天文方・神田お玉ヶ池種痘所・昌平坂学問所の3つの江戸幕府直轄の教育機関ですが、明治政府は1868(明治元)年にこれらの教育機関を開成学校・医学校・昌平学校として復興させました。これらの教育機関は一旦は大学校として束ねられましたが、その大学が学制改革で廃止されるなどした後の77(明治10)年に本で初めての近代的な大学として、東京大学が設立されました。ところが、97(明治30)年に京都帝国大学が設立されるとともに、東京帝国大学に改称されました。1949(昭和24)年に旧制第一高等学校などを統合して、新制東京大学となりました。現在は、10学部と大学院があります。

東京大学薬学部は、新制東京大学の時に医学部薬学科として、教科目の充実を進め、54(昭和29)年に薬学科は8講座を擁し、58(昭和33)年に医学部薬学科は薬学部となりました。薬学部の教育研究上の目的は、薬学部規則第1条の2によれば、「創薬科学及び基礎生命科学の発展に寄与する研究者、医療行政に貢献する人材、高度医療を担う薬剤師の養成を教育研究」と定義されています。ところで、第94回薬剤師国家試験に東京大学薬学部の新卒・既卒の出身者120名が試験に臨み、64名が合格しました。合格率は53.33%で、この試験には全国61校の薬学部系国公立・私立大学の出身者が臨みましたが、この合格率は59位でした。

ところで、東京大学のキャンパスは主に教養課程の駒場キャンパス、、本部があるだけでなく専門教育の本郷キャンパス、大学院課程のみの柏キャンパスに分けられています。

 <  前の記事 徳島文理大学香川薬学部  |  トップページ  |  次の記事 東北大学  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX