国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 徳島大学 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  徳島大学

徳島大学


徳島大学は、1949(昭和24)年に徳島地区に所在した徳島師範学校・徳島青年師範学校・徳島医科大学・徳島医学専門学校・徳島高等学校・徳島工業専門学校の旧制学校6校を母体として、新制徳島大学を設立し、学芸学部・医学部・工学部の3学部を設置しました。51(昭和26)年に薬学部を設置し、以後、歯学部の設置や設置学部の改変等があり、現在は5学部と大学院があります。なお、全学部の1・2年生は全学共通教育センターで一般教養等を学ぶことになっています。

さて、薬学部は前述の通り、51(昭和26)年に設置されていますが、その起源は22(大正11)年に創設された徳島高等工業学校応用化学科・製薬化学部までさかのぼります。工学系大学・学部に端を発する国立大学薬学部は唯一の存在です。海外の他大学と積極的な学術交流を行っていますが、部局間学術交流等協定校として、薬学部は韓国ソウル市のソウル大学校薬学大学と提携しています。

薬学部は薬剤師国家試験の受験資格を得られる唯一の学部ですが、徳島大学薬学部の新卒・既卒の出身者は第94回薬剤師国家試験に対して126名が臨み、90名が合格しました。合格率は71.43%でした。この試験には全国61校の薬学部系の国公立・私立大学の出身者が臨み、この合格率は61校中で47位という結果でした。

徳島大学のキャンパスは、徳島市内に3つあります。本部がある新蔵キャンパス、総合科学学部・工学部がある常三島キャンパス、医学部・歯学部・薬学部がある蔵本キャンパスです。

 <  前の記事 広島大学  |  トップページ  |  次の記事 徳島文理大学香川薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX