国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 広島大学 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  広島大学

広島大学


広島大学は、1949(昭和24)年に広島県下に所在していた広島高等師範学校と広島文理科大学を母体に官立の広島女子高等師範学校・広島高等学校・広島師範学校・広島青年師範学校・広島工業専門学校を包括し、広島市立工業専門学校を併合して新制広島大学が設立され、文学部・教育学部・政経学部・理学部・工学部・水畜産学部が設置されました。53(昭和28)年に大学院が設立され、広島県立広島医科大学が広島大学へ移管され、医学部が設立されました。現在は11学部と大学院があります。

ところで、薬学部は2006(平成18)年の学校教育法等の変更に伴う薬学教育6年制の移行により、医学部総合薬学科を独立改組され、6年制の薬学科と4年制の薬科学科を有し、創薬研究者、研究能力を兼ね備えた薬剤師を養成する薬学部を設置しました。第94回薬剤師国家試験に広島大学薬学部を新卒・既卒の出身者90名が臨み、67名が合格しました。この合格率は74.44%でした。この試験には、全国の薬学部系の国公立・私立大学の61校が臨んでいますが、この合格率は61校中40位という位置づけでした。

広島大学のキャンパスは、広島市内に2つのキャンパス-霞キャンパス・東千田キャンパスと東広島市にある東広島キャンパスの3つがあります。広島大学の本部は東広島キャンパスにあり、ほとんどの学部がこのキャンパスに集約されています。霞キャンパスには、医学部・歯学部・薬学部とその大学院、関連施設があります。そして、東千田キャンパスには法学部と経済学部の一部のコースがあります。

 <  前の記事 岐阜薬科大学  |  トップページ  |  次の記事 徳島大学  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX