国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 富山大学 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  富山大学

富山大学


富山大学は、1873(明治6)年に教育学部の前身となる教員養成を目的とした新川県講習所(2年後に新川県師範学校と改称)、93(明治26)年に富山市の補助金や富山県内所在の複数にわたる製薬会社による寄付金で薬学部の前身となる共立薬学校、1923(大正12)年に人文学部・理学部の前身の県立富山高等学校、翌年に経済学部の前身の高岡高等商業学校、44(昭和19)年に工学部の前身の高岡工業専門学校が49(昭和24)年に国立学校設置法により、富山大学として創立し、文理学部・教育学部・薬学部・工学部の4学部が設置されました。文理学部から経済学部が独立したり、大学院などが設置されましたが、75(昭和50)年に富山医科薬科大学の創設により、富山大学から薬学部などが移行しましたが、2004(平成16)年に国立大学法人法の規定により国立大学法人となり、その翌年に富山大学・富山医科薬科大学・高岡短期大学が統合して、富山大学となりました。

さて、富山大学薬学部では「薬都」富山ならではの「伝統と最先端の融合」「和と洋の融合」「医薬の融合」が、富山流「くすりのスペシャリスト」を育てています。第94回薬剤師国家試験では、薬学部の新卒・既卒の140名が臨み、合格率70%の98名が合格しました。この試験には、全国の薬学部系の61校の国公立・私立大学の出身者が臨み、この富山大学の合格率は、48位でした。

富山大学のキャンパスは、富山県内に3つあります。本部のある五福キャンパスのほか、旧富山医科薬科大学の杉谷キャンパス、旧高岡短期大学の高岡キャンパスです。

 <  前の記事 大阪大学  |  トップページ  |  次の記事 岐阜薬科大学  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX