国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 九州大学 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  九州大学

九州大学


九州大学は、1867(慶応2)年に設立された福岡藩の医学教育を行う藩校・賛生館を起源とした九州帝国大学を直接の母体として、49(昭和24)年に福岡高等学校・久留米工業専門学校・九州大学が統合して、新制九州大学が設立され、文学部・法学部・経済学部・教育学部が設置され、翌年には大学院も設置されました。64(昭和39)年に薬学部が設置されるなどし、2003(平成15)年に九州芸術工科大学を吸収、翌年に国立大学法人による設置へと移行しています。現在11学部と大学院があります。

ところで、九州大学薬学部は前述の通り、64(昭和39)年に設置されました。九州大学薬学部の目標・目的は医療の高度化や複雑化、高齢社会の到来、医薬分業の急速な進展等の状況で、新しい時代が必要とする薬学を担う人材を養成することです。このため、実務能力の高い薬剤師を養成する「臨床薬学科」(6年制)と創薬に関わる研究者を育成する「創薬科学科」(4年制)に改組されました。第94回薬剤師国家試験では、九州大学薬学部の新卒・既卒の出身者118名が受験し、79名が合格しました。その合格率は66.95%。この合格率は、この試験に61校の国公立・私立大学出身者が臨み、51位という結果でした。

九州大学では、キャンパスを「地区」と称しています。福岡市内に5地区(箱崎・馬出・六本松・大橋・伊都)、春日市・大野城市に1地区、大分県別府市に1地区あります。本部は箱崎地区にあります。

 <  前の記事 高崎健康福祉大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 京都大学  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX