国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 薬の研究家「臨床薬剤師」とは - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  薬の研究家「臨床薬剤師」とは

薬の研究家「臨床薬剤師」とは


臨床薬剤師とは、薬剤師であると同時に製薬会社で薬の研究を行っている方のことを指します。 臨床薬剤師という国家資格がある訳では無いということを始めに言っておきます。

臨床薬剤師は業務内容としては、入院患者に対して服薬の指導や薬剤の説明も行いますが、薬剤の投与設計を担うことが多いと言われています。

投与設計とは、患者から得た薬物の血中濃度データを基にして、最小の副作用で最大の効果が得られる血中濃度を設定し、そこから患者への投与量を計算して医師に助言するというものです。 完治の見込みの無い重い病気の患者に対して、内科的処方を行ってゆく際の投与設計も臨床薬剤師が行っています。

臨床薬剤師の働くこととなる職場としては、大学病院や医療研究機関、がんセンター等が挙げられます。 また、臨床薬剤師を目指す方なら気になるであろう年収は、働く職場によっても大きく異なってきますが、海外では約1000万円と言われているのに対して日本では約500万円と言われています。 高度な知識を必要とする職業の割には高い給料とは言えませんね。

臨床薬剤師は、薬剤師としての通常業務である調剤を行うことは少なく、基本的に専門知識を必要とする業務を行うことになります。 血中濃度分析や薬物濃度解析等の高度な知識が必要になるため、大学院にて修士の以上の資格を得た人が臨床薬剤師へと就業する割合が多いようです。 もちろん、一般の薬剤師から臨床薬剤師へとキャリアアップされる方もいらっしゃいます。

 <  前の記事 神戸薬科大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 福山大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX