国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 神戸薬科大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  神戸薬科大学 薬学部

神戸薬科大学 薬学部


神戸薬科大学は、1930(昭和5)年に設立された神戸女子薬学校をその母体とし、32(昭和7)年に神戸女子薬学専門学校となりました。この神戸女子薬学専門学校となった年を創立の年としているそうです。さらに、1949(昭和24)年に神戸女子薬科大学となり、94(平成6)年に神戸薬科大学と改称して、男女共学となりました。学部は薬学部のみです。07(平成19)年に神戸大学と学術交流協定を締結しています。

6年間に学ぶカリキュラムとして、問題発見・解決型の薬剤師を育成する教育プログラムと薬剤師には必要不可欠な英語教育などが用意されています。

これらの教育を通じて、安全性の高い医薬品の開発研究や社会に貢献する意欲にあふれた薬剤師としての人材を医療機関や製薬企業に送り出しています。

なお、第94回薬剤師国家試験に対して、神戸薬科大学薬学部の新卒・既卒の291名が臨みました。合格率86.94%の253名が合格。この合格率は、全国の国公立・私立大学の薬学部等で受験をした61校のうちで、11位という成果です。

ところで、神戸薬科大学のキャンパスは、神戸市東灘区の山裾に学舎をかまえています。閑静な住宅が多い「芦屋」の近くです。キャンパスの背後には、六甲の山々や眼下に瀬戸内海が一望できます。交通は、JRでは「摂津本山駅」「甲南山手駅」、阪急電鉄の「岡本駅」が最寄り駅となり、各駅からは徒歩で12~15分ほどでキャンパスに行かれます。

 <  前の記事 神戸学院大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 薬の研究家「臨床薬剤師」とは  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX