国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 神戸学院大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  神戸学院大学 薬学部

神戸学院大学 薬学部


神戸学院大学は、1966(昭和41年)年に「真理愛好、個性尊重」を建学の精神のもと開学し、当初は日本初の男女共学による栄養学部の単科大学として開設しました。しかしながら、翌年には法学部・経済学部、72(昭和47)年に薬学部、90(平成2)年に人文学部、2004(平成16)年に経営学部、05(平成17)年に総合リハビリテーション学部が開設し、7学部あります。なお、薬学部薬学科は06(平成18)年に学校教育法等の改正で4年制から6年制へ移行しています。

神戸学院大学のキャンパスは、神戸市内の有瀬キャンパス、ポートアイランドキャンパス、長田キャンパスの3つのキャンパスがあり、本部は有瀬キャンパス。なお、有瀬キャンパスへはJR神戸線の「明石駅」もしくは「朝霧駅」で下車、神姫バス「神戸学院大学行」に乗車します。有瀬キャンパスは、明石海峡と淡路島を一望する通称・漆山(うるしやま)と呼ばれる丘の上にあります。

ところで、薬学部では「高度な薬学知識」「医療現場の現状」「国家試験対策」の3つを学び、「教養と豊かな人間性」「医療を担う自覚」「進路に即した知識」が身につきます。

そして、第94回薬剤師国家試験で神戸学院大学薬学部は、新卒・既卒者あわせて234名が受験しています。合格率78.21%の183名が合格しています。この合格率は、この試験を受験した全国61の国公立・私立大学のうちで、28位という成果です。

 <  前の記事 武蔵野大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 神戸薬科大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX