国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 武蔵野大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  武蔵野大学 薬学部

武蔵野大学 薬学部


武蔵野大学は、国際的な仏教学者の高楠順次郎によって1924(大正13)年に、築地本願寺内に武蔵野女子学院を創設しました。50(昭和25)年に武蔵野女子短期大学を設立、さらに、65(昭和40)年に武蔵野女子大学を設立しました。この時に武蔵野女子短期大学は武蔵野女子短期大学部に名称変更し、武蔵野女子大学に武蔵野女子短期大学部を併設しました。2003(平成15)年に武蔵野女子大学を武蔵野大学に名称変更しました。さらに翌年、男女共学し、薬学部を設置しました。現在、8学部と大学院があります。

武蔵野大学薬学部は、仏教精神を根幹として、すぐれた人格を育成するだけでなく、慈悲の心を有しつつ、多様な薬学関連分野で人々に貢献できる人材の育成を目的とし、実践力のある薬剤師の育成を目指しています。

ところで、武蔵野大学薬学部は第94回薬剤師国家試験に新卒・既卒者の110名が受験し、97名が合格しました。この合格率は88.18%。全国の薬学部系の61校の国公立・私立大学のうちで、この合格率は9位でした。

武蔵野大学のキャンパスは、西東京市にあります。武蔵野の緑に囲まれた武蔵野キャンパスには全学生が通っています。JR三鷹駅や吉祥寺駅などからバスで「武蔵野大学」バス停で下車します。さらに、このキャンパス内には附属幼稚園や武蔵野女子学院中学校・高等学校が併設されています。さらに、12(平成24)年には、有明キャンパスの創設と新学科が誕生する予定です。

 <  前の記事 社団法人日本薬剤師会とは  |  トップページ  |  次の記事 神戸学院大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX