国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 東京薬科大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  東京薬科大学 薬学部

東京薬科大学 薬学部


東京薬科大学の前身は、1880(明治13)年に文部省属旧丸岡藩医・藤田正方氏が創立した東京薬舖学校に端を発します。この東京薬舖学校は創立の3年後に東京薬学校と改称され、東京薬学校は88(明治21)年に薬学講習所と合併し、私立薬学校となりました。この私立薬学校は、1917(大正6)年に専門学校令にもとづいて財団法人東京薬学校・東京薬学専門学校となり、49(昭和24)年に東京薬科大学が設立されました。現在は、薬学部と生命科学部の2学部と大学院があります。

現在の東京薬科大学薬学部は、医療品の創製のための技術者・研究者や健康と健全な環境の維持に携わる薬剤師の育成を目指しています。そして、第94回薬剤師国家試験に東京薬科大学薬学部の新卒・既卒あわせて534名の出身者が臨み、合格率79.21%の423名の新卒・既卒の薬学部出身者が合格しました。この合格率は、第94回薬剤師国家試験に臨んだ61校の国公立・私立大学のうちで、24位という成果でした。

ところで、東京薬科大学のキャンパスは、八王子市内にあります。そして、鉄道の場合では、JR中央線・京王線・京王相模原線のいずれかで通学することができます。JR中央線の場合では「豊田駅」下車、北口よりスクールバスで15分ほどのところにある自然に恵まれた環境のなかに校舎があります。その環境を利用して「ハチミツとクローバー」や「時をかける少女」などがロケ地として利用しました。

 <  前の記事 東京理科大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 非処方せん医薬品  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX