国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 昭和薬科大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  昭和薬科大学 薬学部

昭和薬科大学 薬学部


昭和薬科大学の建学の精神は「独立と融和」。その建学の精神に根ざして「薬を通して人類に貢献」を理念としています。

昭和薬科大学は1930(昭和5)年東京府目黒区に設立された旧制薬学専門学校の昭和女子薬学専門学校を起源としていて、旧制医学専門学校を起源とする昭和大学や旧制女子専門学校を起源とする昭和女子大学とは別の学校法人が運営しています。現在の昭和薬科大学と校名が改められたのは50(昭和25)年のことで、この時に男女共学となっています。

学部は薬学部のみで、2006(平成18年)の学校教育法等の改正で4年制から6年制へ移行し、それにより2学科を薬学科の1学科となっています。大学院は、薬学研究科があります。

ところで、6年制の薬学部は、医療の高度化や専門化が進み、社会が求める医療に強い薬剤師を養成しています。薬学部しかない昭和薬科大学としては、充実した「実務実習」や臨床薬学の実践的教育などを行うために聖マリアンナ医科大学と03(平成15)年から連携しています。聖マリアンナ医科大学以外に玉川大学、ネパール・カポラ大学、南カリフォルニア大学薬学部と学術協定などを締結しています。なお、昭和薬科大学附属高等学校と中学校が沖縄県浦添市にあります。

なお、昭和薬科大学の薬剤師国家試験は、第94回の試験では、344名の受験に対して、262名が合格しています(合格率76.16%)。61の薬学部系の国公立・私立大学の受験校のうち、合格率は34位という位置づけです。

 <  前の記事 薬学部学生向けのパートとは  |  トップページ  |  次の記事 東京理科大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX