国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 昭和大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  昭和大学 薬学部

昭和大学 薬学部


昭和大学は、創立者の上條秀介博士の願い「国民の健康に親身になって尽せる臨床医家を養成する」から昭和大学の前身である昭和医学専門学校が1928(昭和3)年に設立されました。そして、46(昭和21)年に昭和医科大学が設置され、翌年に昭和医学専門学校が廃校となりました。なお、昭和医科大学から昭和大学への校名変更は64(昭和39)年です。

昭和大学は、医学部・歯学部・薬学部のいわゆる医歯薬3学部に保健医療学部の合計4学部。私立大学で医歯薬3学部があるのは、岩手医科大学と日本大学、昭和大学の3校のみです。

ところで、薬学部は昭和大学への校名変更された年の64(昭和39)年です。

薬学部は、「医療と健康に関わる分野で自らの使命を強く自覚し、リーダーとして積極的に活躍し、真心を持って国民ならびに社会に貢献できる人材を育てる」「薬学専門領域に精通するとともに、医学部、歯学部、保健医療学部との連携を充分に活かし、医療の担い手としての科学性と倫理性をバランスよく身につけた薬の専門家を育成する」「生涯にわたって自己研鑽を続け、常に社会のニーズを的確に理解し、科学的根拠に基づいて問題点を解決する能力と態度を醸成する」を教育の理念としています。

なお、第94回薬剤師国家試験で昭和大学は235名の既卒・新卒の受験者のうち、199名が合格しています(合格率84.68%)。61の国公立・私立大学出身者が試験に臨みましたが、昭和大学は18位でした。ちなみに、新卒者の合格ランキングは、10位です。

 <  前の記事 星薬科大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 薬学部学生向けのパートとは  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX