国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 薬学部学生向けのパートとは - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の魅力とデメリット >  薬学部学生向けのパートとは

薬学部学生向けのパートとは

大学の薬学部の学費は、年間で300万円~1,000万円かかると言われています。 そのため、薬学部に通いながらパートをしている学生が多いようです。

薬学部に通う学生から人気のパートというと、薬剤師の仕事を現場で学べるドラッグストアや調剤薬局等が一番に挙げられます。6年制の薬学部にて行われている病院と薬局の実務実習の前に、実務経験を積んでおけるということは薬学部の学生にとっては大きなメリットになるのではないでしょうか。

しかし、ドラッグストアは遅くまで営業している店舗も少なくないので授業終了後でも働けますが、調剤薬局は授業終了後から働くとなると難しくなってきます。

調剤薬局では夏休みや冬休み等の長期休暇前に休暇期間中のみの短期パートの求人募集が良く出るので、興味がある方は求人誌や求人サイトをチェックしておくことをオススメします。

登録をどうぞ!
薬剤師のパートも求人がいっぱいあるようですから 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに登録しておくといいのでは?

調剤薬局のパートと同様に夏休みや冬休み等の長期休暇中に治験モニターのパートをする薬学部の学生も増えています。治験モニターのパートのメリットは治験業務を学べるということよりも、高額な報酬にあります。 内容にもよりますが、10万円単位で50万円~100万円というものもあるのです。 1週間から1ヶ月間病院に入院することになりますが、入院中の大半の時間は自由に過ごせるので、入院中に薬学の勉強をすることも出来るので一石二鳥なのです。

他にも接客業を学ぶためにホテルでのパート、昼間は勉強に専念するために深夜でコンビニのパート等、同じ薬学部に通う学生でも選ぶパートは人それぞれなのです。

 <  前の記事 昭和大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 昭和薬科大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX