国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 徳島文理大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  徳島文理大学 薬学部

徳島文理大学 薬学部


徳島文理大学は、村崎サイ氏が「女も独り立ちが出来ねばならぬ」という精神から1895(明治28)年に私立裁縫専修学校を創立、この私立裁縫専修学校が母体となっています。私立裁縫専修学校は、徳島女子高等学校と改称するなどして、徳島女子大学が開設され、徳島文理大学となっています。

ところで、1949(昭和24)年に徳島女子高等学校の理事長となった村崎サイ氏の孫・村崎凡人氏が建学の精神「自立協同」のもと、徳島女子高等学校を基盤に、幼稚園・小学校・中高校・短期大学と創立されています。なお、徳島文理大学は9学部26学科・大学院などを有する総合大学となっています。

徳島文理大学薬学部は、72(昭和47)年に設置され、2004(平成16)年に香川薬学部が設置されました。06(平成18)年の学校教育法等の改正にともなう薬学教育6年制の移行の際には、薬学部は薬学科として6年制となり、香川薬学部は6年制の薬学科と4年制の薬科学科の2学科とし、「くすり」の専門家を育成しています。なお、第94回薬剤師国家試験には薬学部の新卒・既卒者合わせて475名が臨み、370名が合格しています。合格率は77.89%です。この合格率は、この試験に参加した全国61校の薬学部系国公立・私立大学のうちで、29位という成果でした。

前述の通り、徳島文理大学は香川県にも学部があります。具体的には、本部は徳島市内の徳島キャンパスにあります。徳島キャンパスには、薬学部・人間生活学部・保健福祉学部・総合政策学部・音楽学部があります。さらに、香川キャンパスはさぬき市にあり、香川薬学部、工学部、文学部があります。

 <  前の記事 広島国際大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 薬剤師のデメリット  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX