国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 薬剤師の今後 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  薬剤師の今後

薬剤師の今後

薬剤師が増えてきて飽和状態とも言われている現在ですが、薬剤師の今後は一体どうなってゆくのでしょうか?

医師や看護師等の医療資格者のほとんどが医療機関で働いているのに対して、薬剤師は「薬学専門家」「化学専門家」「生命科学専門家」「治験」「製薬企業」「化学メーカー」「化粧品メーカー」「食品メーカー」等、医療機関以外でも活躍出来る分野が広いので、今後に期待出来る職業だと言って良いでしょう。

 しかし、登録販売者制度が制定され薬剤師の就職先として大半を占めていた薬局やドラッグストアに薬剤師を配置する必要が無くなってしまったことで、今後ドラッグストアにおける薬剤師の需要は大幅に減ってゆくと思われます。

また、給料についてですが、薬剤師が増えてきていること、薬学部が新設されていること、少子化の影響で人口が減り続けていること等から、薬剤師の給料は今後下がっていくことが予想されます。

平均年収1,000万円と現在も増え続けているアメリカの薬剤師と何が違うのでしょうか? アメリカの薬剤師は日本の薬剤師と違って信頼のある職業だということは分かりますが、同じ職業でここまで差が開くものなのでしょうか?

今後、薬剤師という職業全体の給料が増えてゆく可能性は低いかもしれません。 しかし、薬剤師一人一人がスキルアップ、キャリアアップしてゆくことで給料を増やしてゆくことは可能です。 薬剤師の将来は、薬剤師の皆さんにかかっているのかもしれません。

登録をどうぞ!
薬剤師の数が増えて、職場が減ったらあなたの職場はありますか?今あったとしても、将来を考えると 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに登録しておいた方がいいのでは?

 <  前の記事 薬剤師のデメリット  |  トップページ  |  次の記事 慶應義塾大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX