国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 薬剤師のデメリット - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の魅力とデメリット >  薬剤師のデメリット

薬剤師のデメリット

薬剤師という仕事は、給与も高く、景気にも左右されず、将来性を考えてもメリットの多い職業ですよね。 しかし、当然ながらデメリットもあります。

まず、登録販売者制度が制定されたことによって、薬剤師の就職先として大半を占めている薬局やドラッグストアに薬剤師を配置する必要が無くなってしまったことです。薬局やドラッグストアで販売している一般用医薬品は、登録販売者の資格を持っている人なら販売出来るものがほとんどなのです。薬局やドラッグストアでも、登録販売者では販売することの出来ない一般医薬品を取り扱っている店舗以外では、雇ってもらえないのは大きなデメリットですよね。

次にデメリットとして考えられることは「人間関係」です。 限られた空間に限られた人数で働くため人間関係が大きなストレスとなり、人間関係を上手く築けずに体調を崩したり、最悪の場合辞めるということに繋がってしまいます。これは、他の職業にも同じことが言えるのかもしれませんが、特に薬剤師は人間関係を理由に辞めてしまう方が多いようです。

他にも、
 ・専門職のため他の職種へ転職する際にマイナスイメージを持たれやすい
・就職したドラッグストアや薬局によっては商品陳列が主な仕事
・医者と患者に挟まれる永遠の中間管理職
 ・病院薬剤師は夜勤が多く給料も安い
・命を預かる仕事にも関わらず給料が高くない
 ・患者からのクレームが多い ・資格を取得するために入学する大学の学費が高い過ぎる 等が挙げられます。

 薬剤師になったならば、勤める会社は辞めることはあっても、薬剤師という職業を辞めることは惜しいと思いますね。

 <  前の記事 徳島文理大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 薬剤師の今後  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX