国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 崇城大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  崇城大学 薬学部

崇城大学 薬学部


崇城大学は1967(昭和42)年に熊本工業大学として開学しました。崇城大学と改称したのは、2000(平成12)年のことです。この年に芸術学部を設置しました。その5年後に薬学部を設置するとともに、工学部を改編し、生物生命学部・情報学部を設置しました。これにより、5学部11学科となりました。大学院は薬学部を除く全学部に直結した専攻構成を備えています。なお、薬学部も薬学研究科などの課程の設置を準備しています。

ところで、崇城大学薬学部は第94回薬剤師国家試験に119名が臨み、合格率が94.96%の113名が合格しました。この第94回薬剤師国家試験は、全国61の国公立・私立大学の薬学部系の大学出身者が受験し、崇城大学の94.96%の合格率は全国2位の成果でした。

キャンパスは、5学部すべての学部が使用する池田キャンパスと工学部のみの空港キャンパスの2つあります。池田キャンパスは緑に囲まれた広大な敷地にあります。アクセスは、JR鹿児島本線の崇城大学駅前下車すぐのところにあります。また、空港キャンパスはその名前の通り、熊本空港に隣接し、キャンパスと空港とが誘導滑走路で結ばれています。空港キャンパスは、かつては航空会社のパイロット養成施設でした。

なお、ハルビン医科大学ほか海外10大学と交流協定を結んでいます。また、附属校として熊本市内に文徳中学校・高等学校があり、崇城大学へ毎年100名以上進学しています(うち、薬学部へ3割進学)。

 <  前の記事 病院薬剤師とは  |  トップページ  |  次の記事 帝京大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX