国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 大阪薬科大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  大阪薬科大学 薬学部

大阪薬科大学 薬学部


大阪薬科大学は、1904(明治37)年に設立された大阪道修薬学校が発祥です。この大阪道修薬学校は、25(大正14)年の専門学校令により、道修薬学専門学校となり、さらに帝国女子薬学専門学校と改称しました。49(昭和24)年には、帝国薬学専門学校と改称され、男女共学となりました。また、翌年の学制改革にともない、大阪薬科大学は薬学部の単科大学となりました。そして、68(昭和43)年に薬学部を2学科に改編し、75(昭和50)年には大学院を開設しました。2006(平成18)年には学校教育法等の改正にともない薬学科を6年制に移行する一方、4年制の薬科学科を設けました。

大阪薬科大学学長・千熊正彦氏が「高い実践能力と倫理観、使命感を併せ持つ医療人としての薬剤師の養成を目指します」と語るように薬剤師の合格率は上位です。具体的には、第94回薬剤師国家試験に大阪薬科大学薬学部薬学科の新卒・既卒の出身者348名が臨みました。合格率は89.66%で合格者数は312名でした。第94回薬剤師国家試験は、全国61の国公立・私立大学の薬学部系の新卒・既卒の出身者が受験していますが、大阪薬科大学薬学部の合格率のランキングは、7位という位置にいます。

大阪薬科大学のキャンパスは、JR京都線摂津富田駅からバスで15分ほどの高槻市にある阿武山の丘陵地に総面積5万9千平方メートルの敷地に4つの棟や各種建物・施設が機能的に建てられています。

 <  前の記事 大阪大谷大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 姫路獨協大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX