国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 大阪大谷大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  大阪大谷大学 薬学部

大阪大谷大学 薬学部


大阪大谷大学は、「大乗仏教の精神」を建学の精神の根幹として、「報恩感謝」の心を建学の精神としています。「自立」「創造」「共生」を教育理念としています。浄土真宗大谷派の大学ではありますが、京都にある大谷大学(学校法人真宗大谷学園)とは別な学校法人大谷学園の大学です。

1966(昭和41)年に大谷女子大学を開学、文学部を設立しました。2004(平成16)年に社会福祉学部、05(平成17)年に人間社会学部、06(平成18)年に薬学部を設置しました。そして、この年に男女共学制とし、大阪大谷大学と校名を変更しました。現在、4学部6学科と短期大学部、大学院があります。

薬学部は、少人数教育による幅広い知識、実務実践能力を養成して、専門分野のより高度な内容を学ぶなど薬剤師国家試験の合格に向けて6年間を通じたバックアップをしっかりしています。さらに、大阪市立大学大学院医学研究科と研究連携協定を結び、抗疲労一般用医薬の研究・開発など疲労に関わる各種研究・教育の連携を進めています。

薬学部の進路は、病院や薬局の薬剤師や医療最前線の医薬情報担当者(MR)、製薬メーカーでの創薬研究、人々が安心して暮らせる社会環境創造の一端の担い役としての行政機関、上位の課程へ進学などです。

大阪大谷大学のキャンパスは、大阪府の中心から東南部に位置した自然と歴史に恵まれた富田林市にあります。大阪府の中心からのため交通アクセスが良く、40~50分程度で通学が可能です。

 <  前の記事 城西大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 大阪薬科大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX