国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 城西大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  城西大学 薬学部

城西大学 薬学部


城西大学は、1918(大正7)年に大蔵大臣を数度務めた財政家の水田三喜男が創設した城西実務学校が前身です。65(昭和40)年に城西大学を創設した理由は、「近来向上しつつある国民の進学要望に応えるため」「国家社会のよりよき形成者としての人材の育成は、既成の大学だけでは充分でない」の2つによるものです。

学部は、65(昭和40)年に経済学部と理学部、73(昭和48)年に薬学部、2004(平成16)年に経営学部、06(平成18)年に現代政策学部を開設し、現在5学部があります。

ところで、薬学部は前述の通り、73年に4年制で開設されましたが、06年に学校教育法等の改正で薬学科は4年制から6年制へ移行しましたが、薬科学科と医療栄養学科は4年制です。薬学科は薬剤師国家試験をクリアしての薬剤師を目指し、医療栄養学科は管理栄養士を目指すものです。薬科学科は食品や化粧品、医薬品の産業分野で活躍できる専門家や技術者を目指す、もしくは修士課程を経て、薬剤師を目指す-将来目標に対して学びの選択肢があるのが特長です。

なお、城西大学薬学部は第94回薬剤師国家試験を新卒・既卒者合わせて400名が受験して、294名が合格しています(合格率73.50%)。この試験には61の全国の国公立・私立大学出身者が臨んでいて、城西大学の合格率は43位です。

城西大学のキャンパスは、埼玉県の坂戸キャンパスと姉妹校の城西国際大学と共用している東京の紀尾井町キャンパスの2つがあります。

 <  前の記事 城西国際大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 大阪大谷大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX