国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 病院薬剤師とは - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  病院薬剤師とは

病院薬剤師とは

通院患者には調剤薬局に勤務している薬剤師が調剤するため、病院薬剤師は主に入院患者のための調剤を行う薬剤師ということになります。 病院薬剤師は患者のカルテを読み、医師や看護師と同じように患者と接する仕事です。

病院薬剤師を目指している方の多くは、 カルテだけでなく患者の症状を直接見たいというのが志望動機のようです。 しかし、病院薬剤師は医師や看護師と比べて人数が少ないため、一人当たりの担当患者数や業務も多く、病院によっては当直や夜勤もあります。

では、病院薬剤師の業務内容を簡単に説明させて頂きます。
・処方せんに記載されている内容を確認して調剤した後に、患者が服薬する上で必要な情報を提供する「調剤業務」。
・試験用機器を設置し、医薬品の品質試験を行う「医薬品試験業務」。
・病院で使用している全ての医薬品の品質管理、購入、在庫、供給等を行う「医薬品管理業務」。
・重症患者に対して高カロリーの注射剤を中心静脈から投与する特殊な注射剤を無菌的に調整する「混注業務」。
・製剤用機器を設置し、市販されていない注射剤、錠剤、点眼剤、軟膏剤等を調整する「製剤業務」。
・様々な文献から医薬品の有効性や副作用の情報を収集して医師に伝え、より質の高い薬物治療が行えるようにサポートする「医薬品情報業務」。
・ 入院患者への服薬指導する「薬剤管理指導業務」。
その他、院内感染の防止や、新しい薬を開発する治験業務等、薬が関連する多くの業務に病院薬剤師が関わっているのです。

登録をどうぞ!
病院薬剤師の仕事も魅力があります。その仕事を見つけたいと思うのならば 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに申し込んでおくと、薬剤師の求職も簡単になります。

 <  前の記事 就実大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 崇城大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX