国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 6年制薬学部における病院実習の内容と期間について - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  6年制の大学薬学部 >  6年制薬学部における病院実習の内容と期間について

6年制薬学部における病院実習の内容と期間について

皆さんは、2006年から大学薬学部に設置された6年制課程によって、実務実習の内容や期間が変わったということをご存知でしょうか?4年制薬学部の実務実習は見学型の実習で、実習期間は1週間~4週間、薬局実習か病院実習を選べるというものでした。

それに対して6年制薬学部の実務実習は、見学型の実習から参加型の実習へと変わりました。 実習期間も22週間へと大幅に増え、薬局実習と病院実習のどちらかではなく両方を受けることが必要となりました。

実習内容について興味を持っている方が多いと思われる「病院実習」の内容と期間等について、簡単ではありますが説明させて頂こうと思います。

病院実習の実習項目「調剤」では調剤機器を用いたリスクマネジメントを含めて、調剤業務全般を体験し、「製剤部門」では院内製剤の調製に加え抗がん剤およびTPNの無菌調製を行い、「TDM」では業務内容、院内でのTDM対象薬剤、投与設計の実際例等について学びます。

 「薬剤管理指導」では入院時初回面談から退院時服薬指導まで一貫した薬剤管理指導を体験し、「薬剤管理」では医薬品の採用、購入手続き、使用について学びます。

他にも「外来窓口での服薬説明」「抗がん剤」「医薬品情報管理」等、病院実習では様々なことを11週間という長い時間をかけてジックリ学びます。

病院実習とは、病院薬剤師の業務と責任を理解し、チーム医療に参画出来るようになるため、調剤および製剤、服薬指導等の薬剤師業務に関する基本的知識、技能、態度を修得するというものなのです。

 <  前の記事 姫路獨協大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 就実大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX