国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 同志社女子大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  同志社女子大学 薬学部

同志社女子大学 薬学部


同志社女子大学は、1876(明治9)年に新島襄が京都御苑内にあった大正天皇の生母の実家だった柳原家の屋敷に同志社教師デーヴィスが住み、その邸内に設立した同志社女子塾が前身です。新島襄は、当時から女子教育の重要性を認識していた、といいます。その後、同志社女学校、同志社女子専門学校と改称され、1949(昭和24)年の新学制に伴い、女子専門学校を廃し、同志社女子大学学芸学部が開設されました。さらに家政学部の設置や大学院の開設、短期大学部の開設などがあり、2005(平成17)年に理系学部の薬学部を設置。現在は、5学部があります。

薬学部は、高い専門的知識だけでなく、人間尊重の精神をもち、豊かな人間性がある医療・創薬の両分野で活躍できる人材の育成を目指しています。

その同志社女子大学薬学部は、第94回薬剤師国家試験に128名が臨み、119名が合格しています。この合格率は92.97%と高いものとなっています。この第94回薬剤師国家試験には、全国の薬学部系の全国の国公立・私立大学61校の出身者が臨み、同志社女子大学薬学部は全国4位という成果をおさめています。

ところで、同志社女子大学のキャンパスは本部があり、現代社会学部・学芸学部・薬学部が利用する京田辺キャンパスと生活科学部・表象文化学部が利用する今出川キャンパスがあります。京田辺キャンパスは同志社大学や附属中学・高校に隣接した広大な敷地にあります。また、今出川キャンパスも同志社大学や同志社女子中学校・高等学校などと隣接しています。

 <  前の記事 第3類医薬品について  |  トップページ  |  次の記事 立命館大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX