国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 薬剤師になるための私立大学と国立大学 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  薬剤師になるための私立大学と国立大学

薬剤師になるための私立大学と国立大学

薬剤師になるには、大学の薬学部を卒業して薬剤師国家試験に合格しなければなりません。 大学には私立大学と国立大学がありますが、薬剤師になるには一体どちらに入学する方が良いのでしょうか?

学費が安いのは国立大学です。 学費の額は大学によっても変わってきますが、国立大学と私立大学では6年間で約1000万円近くの差が出てきます。また、就職率と薬剤師国家試験の合格率が高いのは私立大学です。 しかし、この就職率と薬剤師国家試験の合格率の高さには理由があります。

就職率と薬剤師国家試験の合格率が下がってしまうと、翌年の受験者数も減ってしまいます。 当然、受験者数が減り、学生の人数が減ると大学が経営難に陥ってしまいます。そうならないように私立大学は、卒業試験を薬剤師国家試験よりも難しく設定することで、薬剤師国家試験に受からないレベルの学生を卒業させないようにして、就職率と薬剤師国家試験の合格率を高く維持しているのです。

もちろん、少しでも多くの卒業生を出すための国家試験対策もシッカリ行っているので安心して下さい。 就職率と薬剤師国家試験の合格率は私立大学の死活問題でもありますので、当然薬剤師国家試験対策には力を入れています。

それに対して国立大学は、卒業試験も比較的難しくなく、授業も国家試験対策より研究の方に力を入れているところが多いので、製薬会社で医薬品を研究したいという方に向いているでしょう。

国立大学の薬学部に進むか私立大学の薬学部に進むかは、将来進みたい道から選ぶと良いかもしれませんね。

 <  前の記事 鈴鹿医療科学大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 城西国際大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX