国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 安価な後発医薬品(ジェネリック)が出てきたら使いたい! - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  安価な後発医薬品(ジェネリック)が出てきたら使いたい!

安価な後発医薬品(ジェネリック)が出てきたら使いたい!

後発医薬品(ジェネリック)とは、特許が切れた先発医薬品を他の製薬会社が製造した医薬品のことを指します。 先発医薬品の特許権が消滅すると後発医薬品(ジェネリック)がゾロゾロと出てくることから「ゾロ」「ゾロ品」「ゾロ薬」等と呼ばれることもあります。

同じ有効成分の薬でも後発医薬品(ジェネリック)は複数存在していて、商品名もメーカーによって様々です。

後発医薬品(ジェネリック)は、先発医薬品と全く同じ成分で厚生労働省にも認可されていて先発医薬品と同様に安心して使用出来るにも関わらず日本ではなかなか普及しません。

普及しない理由として、後発医薬品(ジェネリック)メーカーの多くが準大手や中小企業であるための供給への不安、医師や薬剤師の信頼不足等が挙げられています。

後発医薬品(ジェネリック)の普及率は、アメリカ約71%、カナダ約66%、イギリス約65%と、先進各国ではいずれも60%を越えているのですが、日本での普及率は約20%程度に留まっているのです。

現在、日本では医療費抑制のため、厚生労働省主導で後発医薬品(ジェネリック)の普及が進められています。

価格の安さから効き目への不安を感じるという方も多くいらっしゃると思います。 価格が安いのは先発医薬品と同じ成分のため研究費が抑えられるからであって、効果は先発医薬品と同じですので安心して使用して下さい。

医療費は少しでも安く抑えたいものだと思うので、後発医薬品(ジェネリック)が今以上に普及して、一日も早く皆さんが安心して後発医薬品(ジェネリック)を使用出来る時代が来ることを願っています。

登録をどうぞ!
ジェネリックの時代に薬剤師の求人はMC-薬剤師のお仕事でいっぱいありますから 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに登録しておくといいのでは?
申し込んでおくと、薬剤師の求職も簡単になります。(^^)

 <  前の記事 北里大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 北海道医療大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX