国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 岡山大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  岡山大学 薬学部

岡山大学 薬学部


岡山大学は、1949(昭和24)年にそれまで岡山地区に点在していた岡山医科大学・第六高等学校・岡山師範学校・岡山青年師範学校・岡山農業専門学校の旧制学校を統合・吸収して新制岡山大学として創設され、法文学部・教育学部・理学部・医学部・農学部が設置されました。大学院や歯学部や薬学部の設置一方、法文学部などの分離などがなされ、「高度な知の創成と的確な知の継承」を岡山大学の理念として、現在は11学部と大学院があります。

岡山大学薬学部は、69(昭和44)年に医学部薬学科として設立され、76(昭和51)年に薬学部として独立しています。薬学部には6年制の薬学科と4年制の創薬科学科の2つがあり、前者は高度な専門知識を有した薬剤師や大学院を経て研究者・教育者への進路、後者は大学院を経て研究者・教育者・技術者などへの進路が見込まれています。なお、第94回薬剤師国家試験には薬学部の新卒・既卒者の100名が受験し、79名が合格。その合格率は79.0%。この試験を受けた全国の61校の薬学部系の国公立・私立大学のうちで、25位でした。

岡山大学のキャンパスは、岡山市内に2つあります。ひとつは、本部があり、医学部と歯学部の2学部を除く9学部ある津島キャンパスと鹿田キャンパスです。この津島キャンパスは、旧陸軍第十七師団の広大な跡地で63万平方メートルの広さです。しかも、全国の国立大学法人のなかで一番新幹線の駅に近いという特長があります。

 <  前の記事 千葉大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 第2類医薬品について  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX