国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 名城大学 薬学部 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬学部のある大学 >  名城大学 薬学部

名城大学 薬学部


名城大学の立学の精神は「穏健中正で実行力に富み、国家、社会の信頼に値する人材を育成する」で、「穏」「健」「中」「正」の4つの文字の意味することを身につけられれば、広く社会の人々から信頼をうけられる、というものです。そして、1926(大正15)年に名古屋高等理工科講習所として、私立尾張商業学校内臨時校舎に設立されたことに端を発し、名城大学としては49(昭和24)年に創設し、商学部が設置されました。その翌年には法商学部・理工学部・農学部を設置していきました。現在は8学部と大学院があります。

さて、薬学部は54(昭和29)年に設置されました。薬学部の教育方針は、6年制薬学教育の特徴的な教育内容である病院及び薬局での実務実習です。さらには、医療現場で求められる薬剤師の役割と責任感を成熟させること、病気になる前の健康維持に積極的にかかわれることです。これらにより、本格的な臨床薬剤師の養成に力が注がれています。第94回薬剤師国家試験では、名城大学薬学部の新卒・既卒の出身者374名が試験に臨み、318名が合格しました。合格率は85.03%で、全国61校・薬学部系の国公立・私立大学の合格率のうちで、15位という成果です。

ところで、名城大学は地下鉄鶴舞線 の「塩釜口/名城大学前駅」下車して徒歩8分ほどの大学本部がある天白キャンパスのほか、地下鉄鶴舞線・名城線 「八事駅」下車して5分ほどで薬学部のある八事キャンパスと名鉄「西可児」駅から通学バスで5分ほどで都市情報学部のある可児キャンパスがあります。

 <  前の記事 北海道大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 第1類医薬品 について  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX