国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 製薬企業の薬剤師 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  製薬企業の薬剤師

製薬企業の薬剤師

製薬企業の薬剤師の仕事は、大きく分けて3つあります。

一つは、医薬品の製造や品質の管理、研究分野で新薬の開発研究などを行います。また他に薬物乱用防止運動の普及・啓発運動や、薬の臨床試験をコーディネートをしたりします。

単に薬品だけというわけではなく洗剤や化粧品なども研究・開発というのもすることが多いです。

二つ目は、医薬情報担当者=MRと言われる薬の営業職の仕事があります。MRとは病院を回って、自社の薬の営業活動や適正使用を進めるための活動を行ないます

最後の業務は薬を医師や薬剤師が適切に使わせることです。医師や薬剤師でも病院での使用経験しかありませんから、それを補う情報提供が大事なのです。

特に新薬の場合は当然その薬について情報が無いので、製薬会社が薬のデータを提供するのです。


この3つの仕事がありますが、主に一つ目は大学院卒を研究者と採用する、二つ目は営業としてのセンスなどを重視するということで、どちらも薬剤師であることでメリットはほとんどありません。

従って、薬剤師になって製薬会社に採用されるのならば、ほとんどは三つ目の仕事で、この業務は女性の薬剤師が多く活躍しているようです。


登録をどうぞ!
製薬企業の薬剤師の仕事は魅力的ですか?そう思うのなら、求人している製薬企業をどう探しますか? 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに申し込んでおくと、薬剤師の求職も簡単になります。


 <  前の記事 京都薬科大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 大学薬学部特待生合格の難易度  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX