国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 薬剤師の給料を上げるには - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  薬剤師の給料を上げるには

薬剤師の給料を上げるには

薬剤師の年収は500万円から1000万円超と言われては、あまりにアバウトですね。同じ薬剤師でも、製薬会社で働くか、病院か、あるはドラッグストアを働く業界で違いますが、それについては薬剤師の年収で書いてあります。

では薬剤師が働く業界を決めたとしたら、給料はそれほど変わらないのでしょうか?

実は、給料が高いか安いかは、同じ業界でも会社によってかなり違います。例えば、病院ならば病院の規模や法人格かどうかということが大きく影響します。一般的にいえば、大手の病院の薬剤師の給料が、小さな病院より高くなる傾向があります。

製薬会社も会社でかなり給料は違っていて、また営業職だと歩合の割合も違ってきます。

またドラッグストアなどでは、薬剤師手当がつく場合もあります。


それと薬剤師でも、役職になるとかなり給料が違います。

調剤薬局の場合は管理薬剤師という役割になると給料が上がります。管理薬剤師とは、調剤薬局の店長のような立場になるということで、年収は100万円から300万円程度高くなるようです。

病院内薬局の薬剤師なら、薬局長になると年収が上がるところもあります。


あとは、薬剤師の未来時給は4,645円になるという週刊東洋経済の記事を信頼して、将来に期待をするのはどうでしょうか。


登録はこちら
薬剤師の仕事というのは、思いかけない会社でもあります。 どんな会社が薬剤師を必要としているかは、 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに申し込んで見るとわかります。



 <  前の記事 薬剤師国家試験合格率2009年  |  トップページ  |  次の記事 いわき明星大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX