国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> ドラッグストアの薬剤師の待遇と給料 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の魅力とデメリット >  ドラッグストアの薬剤師の待遇と給料

ドラッグストアの薬剤師の待遇と給料

薬剤師の平均給料は「約36万円」とされています。 そこから推定されるボーナスを含めた推定年収は「約510万円」になります。 薬剤師の過去の収入推移を見ると、とても安定した推移となっており、時給ベースで見ると若干ではありますが増え続けているのです。

薬剤師の勤務先は「ドラッグストア」「調剤薬局」「病院」「製薬会社」の4つに分けられます。 給料の目安としては「ドラッグストア/約36万円」「調剤薬局/32万円」「病院/32万円」「製薬会社/40万円」と、製薬会社が最も高給なのですが採用人数が少ないため、薬剤師から人気の高い就職先は「ドラッグストア」や「調剤薬局」になっています。

調剤薬局の給料は、約32万円からスタートして勤続3年目で40万円程度が目安になります。 ドラックストアの場合はチェーンによっても異なりますが、約36万円からスタートして店長クラスにまで昇進すると、給料約80万円超えも期待出来ます。


ドラッグストアで働く場合、薬剤師は管理薬剤師という責任者のような立場になれる可能性もあります。 その場合は、責任も重くなる分さらに給料は高くなるでしょう。

また、薬剤師は独立して開業することも可能なのですが、薬剤師は調剤薬局、ドラッグストアで勤務して安定して給料を得ることが出来るので、リスクの大きい開業はあまりオススメは出来ません。 ドラッグストアでは有資格者が少ないので、薬剤師はとても優遇され、貴方の薬剤師としての高い専門性も発揮することが出来て、仕事のやりがいにも繋がるでしょう。

 <  前の記事 横浜薬科大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 近畿大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX