国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 調剤薬局の給与 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の魅力とデメリット >  調剤薬局の給与

調剤薬局の給与


調剤薬局で働きたいと考えている人は、調剤薬局の給与が気になりますよね。 一言に調剤薬局の給与と言っても、職業によって変わってきます。

まず、薬剤師と調剤薬局の給与と仕事内容を簡単に説明させて頂きます。

調剤薬局の薬剤師の給与は、初任給で月22万円~30万円、手当てを含めた年収で350万円~400万円、管理薬剤師の年収で500万円~600万円が相場となります。 薬剤師が不足している地域や、中小企業の経営している調剤薬局は比較的高めに設定してあります。

仕事内容としては、「処方箋受付」「処方箋内容確認」「処方箋入力」「患者情報把握」「調剤」「鑑査」「薬剤交付」「服薬指導」「会計」「薬歴記入」「疑義照会」等が挙げられます。

忙しさは勤める調剤薬局によっても変わってきますが、病院の薬剤師よりも比較的忙しくないうえに給料も高いと言われています。

次に事務員の調剤薬局の給与と仕事内容を簡単に説明させて頂きます。

事務員の調剤薬局の給与は、初任給で月15万円~18万円、手当てを含めた年収で250万円~300万円が相場となります。 また、調剤薬局の事務員は女性が多いですが、他の女性が多い職業と比べも高いほうだと言えます。

仕事内容としては、「処方箋受付」「患者登録」「調剤料査定」「薬剤料査定」「薬歴簿記入」「会計」「調剤録作成」「レセプト業務」等が挙げられます。

薬剤師と同様で、忙しさは勤める調剤薬局によっても変わってきますが、病院の事務員よりも比較的忙しくないうえに給料は同等だと言われています。

 <  前の記事 安田女子大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 岩手医科大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX