国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 気になるMRの年収 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の魅力とデメリット >  気になるMRの年収

気になるMRの年収


安定した製薬業界で待遇も良いというイメージから人気職業の一つとなった「MR」。 MRの年収は高く、大量に人材を募集している企業が出てきたことと、未経験者の募集が始まったことで、転職を希望する人の数が増えてきています。

気になるのはMRの年収ですよね。 MRの年収と手当ては、サラリーマンの中では最高レベルになります。 しかも、労働時間が比較的短いので時給に換算するとMRの給料は、とても高くなります。

「エーザイ/1,112万円」「武田薬品工業/1,047万円」「三共/911万円」「アステラス製薬/898万円」「第一製薬/892万円」「中外製薬/880万円」「大塚製薬/863万円」「大日本製薬/826万円」「塩野義製薬/823万円」「小野薬品工業/815万円」「持田製薬/811万円」「三菱ウェルファーマ/802万円」「田辺製薬/791万円」「杏林製薬/772万円」「大正製薬/770万円」「科研製薬/763万円」と、製薬会社の年収は、相当高い水準にあることが分かります。

MR未経験者でもスタート段階の年収の水準としては、400万円が一般的です。 しかし、今後は成果主義が反映されるようになり個人によって能力の差が開いてきますので、どの会社に入社しても数年後にどれだけ稼いでいるかは本人次第となってくるでしょう。

20代では年収に対する営業日当の占める割合が高くなりますので、若いうちは営業日当の高い会社に勤めているMRの方が年収が高くなります。 営業日当は3,000円位の会社が多いようですが、中には8,000円という破格の会社もあるようなので、一度調べてみても良いかもしれません。

また、自分の車を営業車として使える場合は土日にも使える会社が多いので、メリットが大きくなります。

 <  前の記事 奥羽大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 安田女子大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX