国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 大学薬学部特待生合格の難易度 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師国家試験 >  大学薬学部特待生合格の難易度

大学薬学部特待生合格の難易度


大学薬学部の特待生合格と聞くと、難易度が極端に高くて初めから無理だと諦めてしまっている方が多いと思います。また、学費が高いからと大学薬学部へ受験することすら諦めてしまっている方も多いと思います。学費を大幅に値下げしている大学も増えていますが、薬学部の学費は平均1200万円と高額なのには変わりないので、難易度が高くても特待生合格を狙いたいところです。

特待生の免除額は大学薬学部によっても変わってきますが、6年間の学費の半分が免除されるというものが多いようです。特待生は奨学生と異なり、金銭的、経済的に比較的余裕のある家庭の学生や生徒も対象に含まれます。 これだけ優遇されるのですから、大学薬学部特待生合格の難易度が高いのも納得出来ますよね。

しかし、難易度の高い大学薬学部の特待生に選考されたとしても、授業態度や成績、在学中の不祥事等の素行によっては特待生の資格が剥奪される場合もあるのでご注意下さい。

特待生の選考基準は様々ですが、「入学試験での成績優秀者」「在学中の学業成績優秀者」の2点を併せて選考されることが多いようです。また、国立の薬学部には前期と後期だけでなく中期も存在します。 もちろん併願も可能ですので国立のチャンスが3回あるということです。

特待生合格であれば他の一般大学の学費と変わらないので、学費が高いからと大学薬学部へ受験することすら諦めていた人も、難易度は高いかもしれませんが、もう一度大学薬学部を目指してみてはいかがでしょうか。

 <  前の記事 製薬企業の薬剤師  |  トップページ  |  次の記事 奥羽大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX