国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 4年制薬学部と6年制薬学部の違い - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  6年制の大学薬学部 >  4年制薬学部と6年制薬学部の違い

4年制薬学部と6年制薬学部の違い

現在、薬学部には6年制と、研究者の養成を目的とする4年制の二つが併存しています。

現在、6年制の薬学部は多くの私立大学が薬学部の定員を増やしたことや、薬学部を新設したことによって、今後、薬剤師の人数も大幅に増えてくることが予測されます。 そうなると現在のように薬剤師の免許の強みを活かせる保証が無くなってきてしまう可能性があります。

だからといって、6年制の薬学部、薬剤師に将来性が無いと言っている訳ではありません。 薬剤師は絶対に必要な職業です。 薬剤師の免許を持っているだけでは通用しなくなるかもしれないということです。 薬剤師として幅広い知識と、より高度な技能を身に着けて下さい。

一方、4年制の薬学部ですが、免許が取得出来なくなったとはいえ、選択するメリットは充分にあると思います。 私立大の多くが6年制に移行し、薬剤師養成教育にシフトしている現在、生命科学分野で幅広い研究教育を受け、実験技術を身に着けた4年制学部の大学院出身者は、限られた大学の薬学部出身者で構成される訳なので、今より更に貴重な人材になる可能性があります。

薬剤師の免許が取得出来なくなった4年制の薬学部ですが、生物、化学、物理分野で領域横断的な知識が得られたり、化学的な見方で生命現象を捕らる視点を得られるという点等において研究者養成には最適の場です。

このように、一口に薬学部と言っても、4年制と6年制ではその役割、性格は全く違ってきます。 4年制の薬学部は性格上、基礎研究重視の理学部に近いものがあり、6年制の薬学部は薬の処方等の臨床教育を中心的に行っている点で医療福祉系の学科に近いものがあります。

薬学部受験を考えている方は、現在の薬学部のおかれている状況と4年制、6年制の進路の違いにしっかりと注意をした上で、慎重に学部を選択することをオススメします。

 <  前の記事 愛知学院大学 薬学部  |  トップページ  |  次の記事 横浜薬科大学 薬学部  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX