国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 薬剤師の就職先は薬局・薬店・病院 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  薬剤師の就職先は薬局・薬店・病院

薬剤師の就職先は薬局・薬店・病院

薬剤師の就職先というと、大きく3つがあります。それは、薬局・薬店・病院です。それらについて、それぞの特徴をお知らせしますね。

保険調剤薬局



近くの薬局で「薬剤師募集」と書いてある薬局を見ませんか?けっこう慢性的人手不足の状態のようです。ですから、給料は病院薬剤師の1.5倍位もらえて、けっこういいです。

保険調剤薬局でも、調剤専門の薬局もありますが、一般薬販売も行なう所もあります。薬局にも教育体制のしっかりとした薬局もありますが、入れ替わりが激しい薬局もあります。

医療費削減を言われていて、薬価差の激減、診療報酬の減少が起こっていますから、経営が苦しくなっています。つまり大手調剤チェーン薬局が優位ですが、その中でも勝ち組、負け組みが出来つつあります。

保険調剤薬局は少子高齢化の中で医療の役割は重要ですから、薬局薬剤師の担う役割も大きくなります。ですから薬剤師として薬の知識以外に、後発医薬品(ジェネリック)についての知識、患者さんに対する際のカウンセリングスキル、サプリメントに関する知識など幅広い知識・スキルが必要になります。


薬店(ドラッグストア)


マツモトキヨシなど名前はしっているでしょう。給料は薬剤師手当てが付くけれど、それなりです。

ドラッグストアの中で薬剤師としての業務は接客だけで、それ以外の業務がおむつ、シャンプー等、医薬品以外を売ることもありますし、レジ、売場作り、そして売上確保など薬剤師らしくない業務が多いです。

ですからドラッグストアの薬剤師の定着率は悪いです。しかも病院、薬局からドラッグストアへの転職は容易ですが、逆は本当に難しいし、年を取れば取るほど病院や薬局は調剤未経験者を敬遠します。つまり、できれば始めは病院や薬局を狙った方が無難です。


病院薬剤師


病院で働く薬剤師ですが、外来処方箋が院外処方箋になり調剤薬局が増えている事もあり、病院での薬剤師の募集数も減っています。

病院にもいろいろありまして、病院の就職先を選ぶ場合には、期待していた仕事ができるか対象の病院についてよく知ることも必要です。

大学に薬学部がない大学の附属病院の方が、薬剤師があるところの大学病院より競争率は低いです。また募集は常勤薬剤師でなく、非常勤薬剤師あるいは研修生としての募集が多いです。1年ぐらい研修生、それから2,3年非常勤薬剤師をしてから常勤職員になることが多いようです。

なお、病院での業務経験者は、中途でも薬局への転職は歓迎される事が多いです。


登録をどうぞ!
調剤薬局・ドラッグストア・病院そして企業と薬剤師の職場はいろいろあります。しかしどの企業が薬剤師を求人しているかはわからないですね。 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに申し込んでおくと、新しい職場が簡単に見つけられます。

企業


製薬企業は、MR、研究開発、臨床開発が主にありますが、薬剤師の採用は少ないようです。MR(病院情報担当)では薬剤師ほとんどいません。

研究開発、臨床開発は同じ大学で6年間学んでも、薬剤師より大学院卒業の方を優先しています。つまり薬剤師であることが、研究や開発にはあまり使わないわけです。

また製薬企業で日本で最も大きい武田薬品さえ、世界でトップ10に入れませんから、外資系の攻勢でリストラが日常茶飯事です。ですから合併やら海外メーカーとの提携で、社名が変更になった会社が増えてきています。

 <  前の記事 薬剤師になるには国家試験の受験資格を  |  トップページ  |  次の記事 薬剤師国家試験合格率2009年  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX