国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 薬剤師になるには国家試験の受験資格を - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  6年制の大学薬学部 >  薬剤師になるには国家試験の受験資格を

薬剤師になるには国家試験の受験資格を

薬剤師になるには、薬剤師国家試験の受験資格を得てその試験に合格することが必要です。

受験資格を得るのは、日本では大学で薬学の正規の課程を修め卒業した者または受験年卒業見込みの者です。他に外国の薬学校を卒業したりしても受けられますが。

大学で薬学の正規の課程を修めというのは、平成17年までの薬学部へ入学した場合は4年制でしたが、平成18年から6年制の課程を卒業しなければなりません。

年齢制限はありませんが実務経験により試験は免除されるということもありませんから、薬学部を卒業するしか受験はできません。

国家試験は、毎年3月末に2日間であり、それに合格したら都道府県窓口に薬剤師免許証を申請します。そうすると、厚生労働省の薬剤師名簿へ登録されて、厚生労働大臣から薬剤師免許証が与えらます。

大学の授業料は、国公立なら約60万円/年で私立なら約150~300万円/年がかかります。ただし、同じ大学でも授業料は試験の成績で、特待生がいくつかあり、かなり差があることもあります。

それ以外に教科書代、実験費用、実務実習費用などを払う必要があります。私立でしたら寄付金もある場合もあります。

 <  前の記事 調剤薬局における服薬指導とは?  |  トップページ  |  次の記事 薬剤師の就職先は薬局・薬店・病院  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX