国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 調剤薬局における服薬指導とは? - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  調剤薬局における服薬指導とは?

調剤薬局における服薬指導とは?

服薬指導は、調剤とともに調剤薬局における薬剤師に最も求められている業務です。

つまり処方箋に従って正しく薬を調剤するのと、その薬を患者さんに正しい情報とともに渡すことが求められるのです。

正しい情報とは、薬の服用時間や服用量はとうぜん話すことですが、それ以外にも薬の保管方法や他の医師にかかるときの注意点を話します。
また服薬すると眠気が出るから車の運転をする場合や尿や便の色が変わるような薬剤の場合は、不安を与えないようにそうした情報も提供するのです。

また何より薬剤師に期待されているのは、その薬を飲んで副作用がないかということです。実は副作用は、単一の薬を正しく服用してもあるのです。その副作用が軽微な場合か、あるいはある程度酷くても、その副作用のデメリットより大きな効果=メリットがある場合は医師が処方箋を出すわけです。

調剤薬局で購入できる薬の場合は、単一の副作用より他に服用している薬との相互作用による副作用が問題になります。ですから、患者さんに「お薬手帳」と言ったものを発行している調剤薬局を多く見かけます。

その手帳を見れば、その患者さんが服用してきた薬が解るようになっていて、それで相互作用に問題がないことを確認します。

また薬を飲み忘れをし、そのため2回分、3回分を一度に服用して副作用を引き起こすこともあります。そのため薬の飲み忘れを防ぐために「お薬箱」や「お薬ケース」を渡している薬局もあります。

また服薬指導では患者の訴えを聞くことも大切であり、薬剤師にはコミュニケーション能力があることが大事です。患者の中には「医者と話したときにはいい忘れたけれども、そういえば...」というように思い出したことを言ってくれて、相互作用に問題のある処方箋を見つけることもあります。


登録をどうぞ!
調剤薬局で働く薬剤師は、患者に服薬指導をして副作用を防ぐことでも活躍しています。薬剤師を求人している調剤薬局はどこでしょうか? 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに申し込んでおくと、新しい職場が簡単に見つけられます。

 <  前の記事 病院における服薬指導とは  |  トップページ  |  次の記事 薬剤師になるには国家試験の受験資格を  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX