国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 病院における服薬指導とは - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  病院における服薬指導とは

病院における服薬指導とは

お医者さんが服薬してくれる薬は、入院患者であれば病院で出しますが、外来患者の場合は多くの場合は病院を出てから調剤薬局で処方箋を出して購入します。薬剤師も病院の薬剤師と調剤薬局の薬剤師では、同じ服薬指導でもかなり違うところもあります。

病院で入院患者に対する薬剤管理指導=服薬指導とは、単に狭義の服薬指導だけでなく、調剤、医薬品管理、医薬品情報管理、薬歴管理などの病院薬剤師の業務を総括したもののことをいいます。

狭義の服薬指導とは、投薬や注射を受けている患者に薬物治療について説明することです。服薬指導では、患者が自分の病気や薬についての知識を得られ、患者の薬に対する不安を解消し、治療への参加意識を高めるためにします。

また薬歴管理・服薬指導によって、重複投与や副作用の防止・早期発見をすることも大事な仕事です。あるいは、薬の服用する時間や量など間違わないように、わかりやすく説明するのも必要です。

ただし、医薬品はブラス面の効果への期待を持ちながら、安全性への危惧などのマイナス面を持っています。
プラス面の指導で、有効性を過大に期待するのは気をつけないと、患者によりあまり効果がないこともあり、患者が失望感を感じるのを最小限にするようにします。
同時にマイナス面での指導は細心の配慮で行わねばならない難題です。 副作用は再現させて解析するということがしづらく、マスコミ等での報道に大きな不安・不信感をもつことがあります。
期待も不安も過大なものにならないような服薬指導を心がけてください。

また服薬指導として病院によって、医療チームの一員として、カンファレンスへの参加や医長回診への同行をしたりもします。


登録をどうぞ!
病院で働きたいという薬剤師は多いですが、どこの病院が薬剤師を求人しているのでしょうか? 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに申し込んでおくと、新しい職場が簡単に見つけられます。

 <  前の記事 薬剤師になるには  |  トップページ  |  次の記事 調剤薬局における服薬指導とは?  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX