国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 薬剤師になるには - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  6年制の大学薬学部 >  薬剤師になるには

薬剤師になるには

薬剤師の将来の年収は高くなるという週刊東洋経済の記事などから魅力のある職業ではありますが、薬剤師になるには、必要なこともかなり多いです。

まず6年生の大学の薬学部を卒業するのが必要です。そして6年間が通常の試験に合格するのはもちろんですが、それ以外に4年生で薬学部の共用試験に合格するのと、6ヶ月間の病院実習と薬局実習を修了する必要があります。

共用試験とは知識を評価するCBTと薬剤師としての臨床能力を測る実習試験です。CBTは、「筆記用具を使わずに、1間1分以内に解答でき、全国の平均正答率が80%程度」という条件で集められた問題を使い、1ゾーンの試験時間が2時間、を3ゾーンで計6時間の試験を、1日で実施します。

そして6年間の薬学部を卒業したら、薬剤師国家試験の受験資格がもらえますから、1年に1回2日間にわたり実施される薬剤師国家試験に合格するとはじめて薬剤師になれます。

そもそも、大学の薬学部というのは、薬剤学、薬理、病理、免疫、臨床医学、公衆衛生といったことは当然学びます。またそれらの基礎として物理、化学、生物などもしっかりできなければなりません。加えて、漢方、生化学、微生物、患者さんの接し方、関連法規など非常に幅広い知識を学ばないといけないのです。
ですから大学の間は青春をエンジョイするのはいいですが、薬学部の場合かなりの勉強が要求されますから、バイトをするのも難しい人が多いです。

また、親かがリとはいえ、金銭面でも半端な金額にはなりません。留年などはしなくても、6年間の授業料がいくらになると思いますか?年100万円ぐらいあれば私立大学でも大丈夫だと思うのは文学部や経済学部などの話で、薬学部はおよそ年200万円必要です。
ですから、6年間で1200万円の授業料が必要ですから、甘い気持ちで挑戦はできない薬剤師だとわかりますね。仮に卒業しても国家試験に合格しなければ、6年間の時間と1200万円の費用が無駄になりかねないのをよく考えてください。

 <  前の記事 病院の薬剤師とは?  |  トップページ  |  次の記事 病院における服薬指導とは  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX