国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> ドラッグストアの薬剤師とは? - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  ドラッグストアの薬剤師とは?

ドラッグストアの薬剤師とは?

薬剤師だけがドラッグストアにいるわけではありません。というか、むしろ薬の知識を教育された社員さんが薬を売っていても、彼らはほとんど薬剤師ではありません。

では薬剤師はというと、法律で薬局には薬剤師がいることが求められます。ですから、極端な場合は名義貸し・免許貸しを薬剤師がして、ドラッグストアには薬剤師はいないということもありえるわけです。

その場合は、薬剤師としては国家試験の有難さで、不労収入になりますが、これは今ではほとんどなくなりました。でも、薬剤師がドラッグストアに勤務しているといっても、店が開いている間中いる事は稀で、パートで勤めることもけっこうあります。

法律では、薬を売る以上、売るのは社員がやってもいいけれど、常時薬剤師がいないといけないのです。

しかし、薬剤師に負けないくらい社員さんが自社製品の薬はよく勉強していて、薬の説明もお客さんによくあったものを選んでいるようです。

ただし、あまり自社製品の薬ばかりを奨める傾向があることは、それなりの良さがあるからですが、広く薬を理解している薬剤師としては、あまり偏った売り方はされると困りますね。

それと、薬を売るのがドラッグストアの使命ですから、薬を勧めるのはいいのですが、患者にすれば病気を治すのが目的ですから、特に婦人系や胃腸系の症状の場合には、薬を売るだけでなく、ちゃんとした治療も奨めるべきです。

貧血に鉄剤を飲む人は、もしかしたらどこかの臓器から出血しているのでは?と考えることができるのが薬剤師の仕事だと思います。

ドラッグストアは、市販薬を売っていると専門的な知識を生かせないので、面白くないせいもありますから、薬剤師がパートで勤めるのも、熱心になれないのかも知れません。


登録をどうぞ!
ドラッグストアは魅力のない職場ですか?それだとしても、それでなくても、求人をしている企業はどこでしょうか? 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに申し込んでおくと、新しい職場が簡単に見つけられます。

 <  前の記事 薬剤師になるのに大学はどこがいい?  |  トップページ  |  次の記事 調剤薬局の薬剤師は?  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX