国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 薬剤師の将来は? - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の魅力とデメリット >  薬剤師の将来は?

薬剤師の将来は?

薬剤師の将来は、薬剤師の時給が大幅アップするという嬉しい書き物もあり、薬剤師の年収も当然上がると考えますね。

でも本当にそうなるかでは、かなり意見が分かれます。

薬剤師の将来を考えるには、何でも同じですが、薬剤師は需要と供給のバランスが大切です。需要が多ければ、それだけ値段が上がり、供給が多ければダンピングが始まったりします。

大学の薬学部の数は、2002年には46校が2007年には72校に増加して、当然定員も8,110人から13,164人と供給は急激に増えて、しかも需要は増える傾向はありますが、2009年から登録販売者が第一類医薬品以外の第二類医薬品と第三類医薬品は販売できますから、コンビニストアなども薬剤師がなくても薬を売れるわけです。

少し、薬剤師の需要が減る要因を考えてみると

(1) 処方箋の電子化: カルテなどの電子化により、日常業務を減らし、単純ミスがコンピューターで弾かれ、疑義照会などは減ると予測されるので薬剤師数も減る。

(2) 薬局の薬剤師: 登録販売者を使ってコンビニ等での医薬品販売ができます。またインターネットでの個人輸入も増えており、薬局での対面販売は全体として減少すると予想されます。

(3) 病院の薬剤師: 病院経営が苦しく、採算性が求めらるが医師や看護師は減らせないので、病院で働く薬剤師が減ることはあっても増えることはない。

(4) 調剤薬局の薬剤師数: 医薬分業が増え、これまで処方箋調剤を行う薬局が増えてきたが、伸びが鈍化して今後現状維持となると思われます。


一方、供給が増える要因を考えると

(1) 新卒の薬剤師の急増: 薬科大学・薬学部の新設で、最終的には一学年15,000人以上になると予測される。

(2) 卒業後に薬剤師を希望: 現在は薬剤師国家試験合格後も約半数が製薬企業などに就職して薬剤師としては働いていない。
しかし、6年間の薬学部は、薬剤師の資格取得を目的としている人がほとんどである。そうでなければ、4年間で卒業か大学院修士を目指すはずです。

これらが薬剤師のマイナス要素です。これをよくわかったうえで、なお薬剤師を目指したいのならば、それだけの覚悟があると思います。そうであれば、本当に役に立つ薬剤師になるように努力をすれば、そういう努力に報いるような結果をくれるのも薬剤師だと思います。

 <  前の記事 薬剤師でなく登録販売者になる?  |  トップページ  |  次の記事 薬剤師になるのに大学はどこがいい?  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX