国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 薬学部に入学した方へ - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  大学の日記 >  薬学部に入学した方へ

薬学部に入学した方へ

薬剤師になりたいと思って、6年制の大学薬学部へ入学したと思います。

ですから、まず「卒業しましょう」ではなくて、卒業をしても、その後の国家試験に受からなければしょうがないですね。

 

でも、とりあえずその前に留年・退学は当然避けなければなりません。


留年が10%とか20%とかささやかれています。それが6年間ではないのです、1年から2年に上がれない人がです。


信じられない!!


20%で6年やったら、ほとんど残りは0に近くなってしまいます。


まあ、最初にやる気のない人が脱落したので、それからは数%程度だと思います。

 

ところで、教科書一覧表を入学式後に渡された大学もありました。

それが、どうしてびっくりかって?

 

それは金額です。


ざっと10万円ぐらいだったそうです。


彼は、

  「ただでさえ学費が家計を苦しめていたので、
   教科書代は自分の小遣いからの出費と決めていました」

とのことですが、それはとても無理でした。

 

だって、卒業したばかりの高校生には手の届かない金額ですね。

 

ただ、今振り返ると、教科書はすべて新品を購入したのが敗因ですって。


例えば、日本薬局法という六法全書のような教科書が4~5万円します!!

しかも、購入後はほとんど目を通すことはなくて

且つ、何年かで新版が出るので、すぐにお古になってしまうのです!!

 

ですから、薬学部入学予定の皆さんは、

教科書の購入には十分検討してから、買われるほうがいいです。

 


もっとも、私の大学では、そもそもそんな教科書をたくさんは購入を指定しませんでした。


もしかすると、教科書を販売する書店と"ぐる"で、リベートをもらっているのではないかと疑う気持ちがあります。

 

まあ、裕福な家庭であれば、気にすることではないですが、、、

 

 <  前の記事 保護者の皆様へ  |  トップページ  |  次の記事 リンク集  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX