国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 医薬品試験業務 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  医薬品試験業務

医薬品試験業務

医薬品は薬局や病院で使いますが、薬は時に人の生命に直接関連するものですから、当然高度の品質が要求されます。ですから、製造する医薬品メーカー、流通過程の医薬品卸業者においても、品質を確保するための十分な対策が行われています。しかし、医薬品は化学物質であり、かつ長期間保存されることも多いですから、時間の経過とともに品質の変化を来たすことは避けられません。


薬局開設者は、薬局の管理者が医薬品の適切な管理のために必要と認める医薬品の試験検査を、薬局の管理者に行わせなければないのは「薬事法施行規則第12条」により規定されています。

ただし、医薬品試験業務は、設備や器具では困難な場合には試験検査機関を利用して試験検査を行うことができると定められています。

 

病院薬剤師も、医薬品が本来の有効性と安全性を確認し、保証するために医薬品の品質試験を実施しています。

病院薬剤師の場合は、品質試験をする医薬品は購入した医薬品だけではなく、院内で製造した医薬品も対象となります。

医薬品の品質試験は、物理試験・化学的試験・生物的試験(無菌試験など)・五感試験(混濁、変色など)・製剤試験などが実施されます。


さらに最近は、医薬品の効果と副作用の程度を判定するために、患者さんの血液中の薬物濃度を測定して、投与量、投与間隔などを医師に対して提案することも、病院薬剤師の行う重要な医薬品試験業務となっています。

このように、病院薬剤師は、薬学的な知識、技術を生かして、病院薬局における医薬品試験業務で患者さんの薬物治療が適正に行えるよう努力しています。


また、国立医薬品食品衛生研究所は、医薬品など化学物質について、その品質、安全性及び有効性を正しく評価するための試験・研究や調査を行っています。


医薬品試験業務も、薬剤師の重要な仕事のひとつです。

登録をどうぞ!
医薬品試験業務は、薬剤師の重要な仕事ですが、医薬品試験業務ってどこの職場で求人をしているのでしょうか? 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに申し込んでおくと、新しい職場が簡単に見つけられます。

 <  前の記事 調剤業務・製剤業務  |  トップページ  |  次の記事 保護者の皆様へ  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX