国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 調剤業務・製剤業務 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  調剤業務・製剤業務

調剤業務・製剤業務

薬剤師が行う調剤業務とは、医師の発行する処方せんに基づいて患者様が薬を安全、適切に使用できるよう、病態に最も適した医薬品の調製を行っています。

内用薬,外用薬だけではなく注射薬の調剤も実施をしています.また、医師の発行した処方せんは、薬の用量、服用時期や、複数の診療科から出された薬の重複や飲み合わせのチェックします。処方に少しでも疑問があれば医師に確認しています。また、服薬説明(患者様への情報提供)なども行っています。

調剤業務は伝統的な薬剤師の仕事ですが、以前より役割を重く担っています。

 

製剤業務とは、各種製剤用の機器を設置し、数種類の薬品を調製して市販されていない注射剤、点眼剤、軟膏剤などをつくります。病院内で使用される消毒薬など特殊な薬もつくります。

市販されていない薬は、患者さまの治療、診断に必要な薬を医師からの依頼により調製をおこなっています。各患者さんに必要な全てのくすりが、製薬企業より供給されている訳ではありません。もちろん製剤品については、安全性、有効性、製剤方法などを十分に検討した後に調製しています。

製剤室には高圧蒸気滅菌器、蒸留水製造装置、乾熱滅菌器、クリーンベンチなどが設置されています。医療機関の必要性に応じては、薬剤部内に無菌室、滅菌室、蒸留水製造機なども設置しています。つまり、製薬メーカーの工場を小さくしたような設備、機器を用いて、病院薬剤師が最も適したくすりを調製しているのです。製剤は患者さまの目に触れる業務ではないですが、よりよい薬物治療を行うためには必要な業務となっています。

薬剤師の仕事は、目立たないけれど役に立っていますね。

登録をどうぞ!
調剤業務・製剤業務は、最も薬剤師らしい仕事ですね。そういうお仕事をしたいと考えているのなら、どこでその職場を見つければよいのでしょうか? 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに申し込んでおくと、新しい職場が簡単に見つけられます。

 <  前の記事 医薬品情報管理業務  |  トップページ  |  次の記事 医薬品試験業務  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX