国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 医薬品情報管理業務 - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  医薬品情報管理業務

医薬品情報管理業務

医薬品情報管理業務(DI:Drug Information)とは、医薬品は薬と情報が一つになって初めて有効な医薬品となるから、医薬品に関する情報を収集その評価を行っておきます。

薬が適正に使用されるために、薬剤師が薬の有効性・安全性などの情報を医療現場に提供することですから、情報を整理して医療スタッフや 患者さまに提供したり、質問に応じたりする業務です。こうして、医師などの医療従事者へ情報を提供して,より質の高い薬物治療が行えるようサポートしています.


最近の病院では薬の情報を収集・伝達のために「医薬品情報管理室」(DI室)が設置されていて、部屋には製薬会社の医薬品情報担当者(MR)が情報提供のために頻繁に出入りいたします。

お薬に関する情報は、製薬企業以外も厚生省はもちろん新聞、雑誌等あらゆる方面から入手されます。この情報を加工して、「医薬品情報」という情報誌したりや、「医薬品集」の発行等により院内医療スタッフへの情報提供・伝達を行っています。


適正な薬物療法を行うためには、医師、薬剤師、看護婦その他医療に関わる人に、最新の情報が必要不可欠です。医薬品情報管理業務とは、お薬が安全かつ最適に使用されるために、集めた情報を薬剤師としての専門知識のもとに評価し、整理・保管を行い、その情報を加工し、医療スタッフや患者さまに提供・伝達するという業務です。


また病院内のスタッフがDI室を利用するのはもちろんですが、患者さんが薬の情報を求めてお尋ねいただいてもかまいません。どうぜ、ドアを気軽にノックしてください。薬剤師は待っています。

登録をどうぞ!
薬品管理業務は、管理ですから高給ですかね?でもどこでその職場を見つければよいのでしょうか? 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに申し込んでおくと、新しい職場が簡単に見つけられます。

 <  前の記事 薬品管理業務  |  トップページ  |  次の記事 調剤業務・製剤業務  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX