国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 薬学部が6年制になると - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  6年制の大学薬学部 >  薬学部が6年制になると

薬学部が6年制になると

薬学部が6年制になると時間がたっぷりとれて余裕があって、いい大学生活を送れると思っている(誤解している)人はいますが、薬学部とはそんなものではないです。

なぜなら、これまで大学薬学部を卒業をして、薬剤師国家試験を合格すればよかったけれど、6年制になってから、共用試験(CBTとOSCE)があり、それを受からなければなりません。

そのうえ、実務実習が半年もやらなければなりません。そのうえ、最後の大事な薬剤師国家試験が、これまでより難しくなったのです。

これが、見た目でわかる、4年制より6年制が難しいことですが、さらにこれまでより学ぶことがはるかに多くなっています。これまでより時間は1.5倍ですが、学ぶ内容は2倍という感じです。


例えば、これまで漢方は単純な生薬の話しか習いませんで、漢方の基本の実証・虚証の見極めとか五行説とはと言う具体的な話はまったく勉強しませんでした。それが、かなりしっかり学ぶようになりました。

あるいは、医療の現場では、在宅医療で薬の処方箋が回ってきます。その時にどう患者さんと接するかと言う薬剤師としての関わり方なども勉強しなければならなりません。


そのためか、カリキュラムが難しくなって、追試を受けたり、単位を落とすのはもちろんずいぶんいました。それだけでなく、留年したり、退学したり人も多いです。ある大学では、1年から2年になれないのが、20%近くにもなったそうです。


ですから、6年制になっても時間の余裕はそんなにありません。


それでも、アルバイトはできないことはありません。本人の自覚と時間の使い方では、自分の小遣い程度は充分可能でしょう。ただ、金持ちの子供が多いのか、実際にアルバイトしている人は少ないようです。

 <  前の記事 薬剤師国家試験(6年制)  |  トップページ  |  次の記事 学校薬剤師  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX