国家試験合格を目指します。では、大学が4年制から6年制になって、どうなったのでしょう。国家試験を受けるまでの準備と合格をするための勉強、そして薬剤師って、本当に将来役に立つ仕事かなどを書いてみました。" /> 薬剤師は、どこで働くの? - 薬剤師が大学6年制で、どうなったか?

Top >  薬剤師の仕事 >  薬剤師は、どこで働くの?

薬剤師は、どこで働くの?

厚生労働省の発表によると、薬剤師は平成16年で252,533人います。女性が153,731人で男性が98,802人でかなり女性が多いですね。


働く場所で、一番多いのは約半分(49.6%)が薬局で働いています。特に女性は55%、男性は41.3%が薬局で働いています。

次に多いのは、病院・診療所で19.4%で、やはり女性が多くて21.1%、男性は16.8%が病院等で働いています。

男性は、一番多いのはやはり薬局なのですが、男性有利と見える職場は医薬品関係の企業です。主に製薬会社ではないかと思いますが、男性が27.6%と2番目に多くが働く場所で、女性は11.8%です。
男性は、割合だけでなく実数でも27,317名で女性の18,098名より多くなっています。

これは、研究・開発か営業が多いですが、男性の方が営業などに向いているのかも知れません。

次は、その他となっていて18,036人ですが、うち12,670人が無職になっています。これは、女性は母になって仕事を辞めている人と、60歳以上で退職した人が多いですから、順当ですね。

それから、大学が8,845名ですが、ここも男性が多いです。この半分以上は大学院生と研究生ですから、29歳以下の人が多いです。ですから、30歳以上は年毎に約100人程度です。

最後に、衛生行政機関又は保健衛生施設となっていますから、こんは公務員になるのではないでしょうか。5,951名(2.4%)のうち男性が3,930名で女性2,021名よりかなり多いです。


この統計では、薬局をいわゆる処方せんで薬を売ってくれる調剤薬局とドラッグストアを区別してありませんのでわかりませんが、ドラッグストアが支店を増やして伸びているのは想像できます。

 

6年制を卒業して薬剤師の資格を取得した後は、薬剤師として薬局や病院などに就職する方が大半を占めると予測されています。そして4年制を卒業した方は、大学院に進んでから薬品会社などに進むのが多いと思われます。

  総  数 薬局 病院・
診療所
大学 医薬品関係
企業
衛生行政
機関又は
保健衛生
施設
その他
  薬剤師数(人)        
総 数 252,533 125,254 48,964 8,845 45,415 5,951 18,086
98,802 40,758 16,601 5,510 27,317 3,930 4,682
153,731 84,496 32,363 3,335 18,098 2,021 13,404
               
29歳以下 47,864 20,318 12,012 5,047 7,586 799 2,101
30~39 66,646 32,768 12,666 1,201 12,909 1,452 5,646
40~49 59,150 30,612 11,061 995 12,092 1,484 2,904
50~59 47,608 25,083 9,829 1,042 7,343 2,077 2,233
60~69 18,624 10,212 2,298 525 3,428 126 2,031
70歳以上 12,641 6,261 1,098 35 2,057 13 3,171
  平均年齢(歳)        
総 数 43.7 44.5 41.3 34.6 43.6 44.3 49.0
44.8 46.0 41.7 36.5 44.3 46.4 56.4
43.0 43.7 41.1 31.5 42.6 40.2 46.4

 

資料:統計情報部「平成16年医師・歯科医師・薬剤師調査」


登録はこちら
薬剤師の仕事をどこでしますか?製薬会社ですか、薬局ですか?どこの会社がどんな薬剤師を必要としているかは、 人気の企業求人も多数!MC─薬剤師のお仕事 を、無料転職支援サービスに申し込んで見るとわかります。

 <  前の記事 調剤業務  |  トップページ  |  次の記事 4年制はなくなるの?  > 





無料転職支援サービス
に申し込んでおきましょう
薬剤師になるには、そして薬剤師の仕事は?

FX